MENU

面接の流れと重要なポイントを知っておこう

看護のお仕事には非公開求人と呼ばれる条件の良い求人が多くあり、これを
目的として登録して利用する人もいるくらいですが、せっかく仕事を変えるので
あれば少しでも条件が良いところで働きたいというのが本音だと思います。

 

しかし、看護のお仕事を利用していくら条件が良い仕事が見つかっても応募して
書類審査や面接にクリアしないことには働くことができないわけですが、条件が良い
ところほど応募数が多くなるので競争率が高くなり仕事が決まる可能性は低くなります。

 

同じような職歴の人が複数応募している場合に採用の可否を決めるのは面接
になりますが、面接は面接官がいていろいろ質問されることに対して答えるのが
基本になり、内容によってはそれぞれの会社や医療機関によっても異なってきます。

 

共通しているのははっきりした受け答えができるかどうかというのは重要なポイントで
あるという点で、せっかく高いスキルを持っていてもコミュニケーション能力が低いと
それだけで面接に落ちる理由になってしまうことがあります。

 

特に医療機関や高齢者施設の場合は人との関わりが仕事の基本になるので
コミュニケーション能力がないと難しいのが実際のところですが、面接に緊張感
を覚える場合は看護のお仕事を利用して面接のサポートを受けることもできます。

 

また、自分をアピールする場でもあるわけですが、面接官の問いに対して必要
以上に応えることもあまり良い印象ではないので簡潔に答えるのがポイントです。

 

 

>>看護のお仕事の求人探しは無料登録で|実際の口コミ※派遣も TOPへ